プリザーブドフラワーについて語る

プリザーブドフラワーに虫がついたときの対処法

Written By: ayadmin - 5月• 02•14

プリザーブドフラワーは特殊な加工を施して、樹液などを抜いてからお花を組み立てている新しいタイプの花です。そのため花粉などのアレルギーの心配なくプレゼントとして贈ることもできると人気なのですが、虫がお花ではなく一緒にアレンジメントしてあるはっぱなどの資材にわくことがあります。


プリザーブドフラワーで虫を見つけたら

プリザーブドフラワーに虫がいることを見つけたら、まずは虫のついてしまっている資材を特定しましょう。葉っぱなども天然のものを使っているので、葉っぱについてしまうことはまれではありますが、可能性があるのです。虫がいる葉っぱは抜いてしまって大丈夫です。抜くときは他の資材やお花などを傷つけないようできるだけ優しく扱ってくださいね。


色移りはお花でも起こる

後から染色しているため、お花では色移りが起こることもあります。もちろん、そのようなケースは非常に稀ですが天然のお花を加工しているので、絶対に色も移らないとは言えないのです。色移りがあれば、他のお花に移る前にその花びらを取ってしまいましょう。プリザーブドフラワーではお花の形に組み立ててあるので、花弁も一枚ずつはがすことができるのです。はがしたあとにさみしくなったら、周りの花びらを少し開くといいそうです。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Copyright © 2012 プリザーブドフラワーについて語る. All Rights Reserved.