プリザーブドフラワーについて語る

結婚祝いのお花の選び方

Written By: ayadmin - 4月• 17•14

結婚祝いなどでプリザーブドフラワーをギフトとして選ぶ人も増えてきていると言われています。お祝いの席にお花は欠かすことのできないアイテムですし、記念のお花が年単位で飾っておけるので、割れる、裂けるなどの言葉が忌み言葉として使われない結婚式で、枯れないお花というのは非常にニーズにもマッチしているのだそうです。


結婚式で人気の高いプリザーブドフラワーはバラの花

結婚式などのお祝いで人気のあるお花は、やはり恋愛を象徴する薔薇のお花です。色で花言葉が変わる、花束にする本数でブーケの意味合いが異なるなど、薔薇はお花としても非常に奥深いのですが、挙式後にお祝いとして送る場合には、サムシングブルーといわれる、青い色を使ったプリザーブドフラワーのアレンジメントがオススメされるのだそうです。


サムシングブルーとは花嫁さんが幸せになれる色

サムシングブルーとは、結婚式などで新婦が身に着けると幸せになれる4点セットのうちの一つです。サムシングフォーと言われていて、新しいもの、青いもの、古いもの、借りたもの、の4つを身に着けるといいですよという、習わしのようなものです。昔は見えない部分に青を身に着けたそうですが、現在はアクセサリーの一部、お花などで利用することが多いそうです。

おすすめリンク・・・・プリザーブドフラワーの人気ある店とは?(http://www.ngcma.org/)

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Copyright © 2012 プリザーブドフラワーについて語る. All Rights Reserved.